ニュース
» 2014年04月03日 07時27分 UPDATE

Microsoft、低価格端末向けWindowsの無料化を発表

ディスプレイサイズが9インチ未満のWindowsタブレット、Windows Phone端末については、OEMメーカーはMicrosoftにライセンス料を支払わずに済むようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月2日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2014」の基調講演で、ディスプレイサイズが9インチ未満のタブレットとスマートフォンに搭載するWindowsを無料にすると発表した。

 つまり、OEMメーカーは低価格端末およびWindows Phone端末に関してMicrosoftにWindowsのライセンス料を支払わなくて済むようになる。ライセンス料を無料化することで製品の価格を下げ、苦戦しているタブレットとスマートフォン市場でのシェアを拡大する狙いだ。

 zero 1

 同日発表されたWindows 8.1 Updateでは、Windowsはメモリが1Gバイト、ストレージが16Gバイトの端末でも快適に動作するようになるとされており、サードパーティー製の安価なWindowsタブレットの登場が期待できる。

 OEM版無料WindowsにはOffice 365(明記はされていないが恐らくパーソナル版)の1年無料サブスクリプションも含まれる。

 Windows 8.1のライセンス料は従来1台当たり50ドルだったが、米Bloombergは2月にライセンス料が15ドルに引き下げられると報じた。

変更履歴1:当初、PCも無料化対象に含めていましたが、誤りです。お詫びして訂正いたします。[2014/4/3 14:30]

変更履歴1:当初、ディスプレイが「9インチ以下」としていましたが、「9インチ未満」の誤りです。お詫びして訂正いたします。[2014/4/3 14:30]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -