ニュース
» 2014年04月03日 09時23分 UPDATE

Windows 8.1 Update 1、タスクバー強化や右クリックなど非タッチユーザーに配慮

4月8日にWindows 8およびWindows 8.1を対象に実施されるアップデートでは、マウスとキーボードを使うユーザー向けのさまざまなUI改善が実施される。将来的にはスタートボタンもWindows 7に近いものになる見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月2日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2014」の基調講演で、Windows 8.1 Update 1を発表した。リリースは4月8日。MSDN会員には同日提供を開始した。

 Update 1では、マウスとキーボードを使うユーザーのユーザー体験改善に重点が置かれた。昨年11月にWindows Phoneに加えてInternet Explorer(IE)とWindowsのユーザー体験も担当するようになったジョー・ベルフィオーレ氏は壇上でのデモで、マウスを使って新ユーザーインタフェースを紹介した。

 joe

デスクトップ画面起動が可能に(スタート画面をスキップして)

 一部のPCで、デフォルト設定で直接デスクトップを起動できるようになる(現行Windows 8では起動するとタイル状の「スタート画面」が表示される)。

タスクバーからWindows Storeアプリの起動も可能に

 「タスクバー」から、デスクトップアプリだけでなく、Windows Storeのアプリも起動できるようになった。また、タスクバーにWindows Storeアイコンも追加されたので、デスクトップから直接Windows Storeを開ける。モダンアプリを使っている間でも、マウスカーソルを画面の下に合わせると、タスクバーが表示されるようになる。

 task

モダンUIでも右クリックに対応

 スタート画面のタイル上で右クリックするとメニューが開くようになる。このメニューで、アプリのタスクバーへの追加、アプリの削除、タイルサイズの変更などが可能だ。また、マウスを使ってタイルの位置を移動できるようになる。

 click

スタート画面の右上に

 タッチ対応端末ユーザーにとっても便利になる新機能として、スタート画面右上に電源オフボタンと検索ボタンが付いた。従来より少ないステップで電源オフと検索ができるようになる。

 button

低性能端末でも稼働可能に

 メモリが1Gバイト、ストレージが16Gバイトしか搭載されていないような端末でもユーザー体験を犠牲にせずにWindows 8を稼働できるようになるという。

 同社はまた、ディスプレイサイズが9インチ以下のPC、タブレット、スマートフォン向けのWindowsおよびWindows PhoneのOEMメーカーへのライセンス料を無料にすることも発表した。

将来的にはスタートボタンにライブタイルを追加

 Operating System担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏は基調講演で、将来のWindows 8.1アップデートで追加されるスタートボタンの機能についても紹介した。スタートボタンを右クリックすると、Windows 7のスタートボタンのようにソフトウェアの一覧が表示されるだけでなく、ライブタイルも表示される。

 start スタートボタンの機能は将来のアップデートで追加される見込み

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -