ニュース
» 2014年04月03日 12時44分 UPDATE

WindowsとWindows Phone向けにアプリを提供できる「universal Windows apps」

Windows 8.1とWindows Phone 8.1のWindows Runtimeの共通化により、開発者はクロスプラットフォームアプリを開発できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月2日(現地時間)、「Build 2014」において、Windows、Windows Phone、Xbox向けのクロスプラットフォームアプリを開発するための「universal Windows apps」を発表した。

 universal 1

 アプリ開発APIの「Windows Runtime」をWindows 8.1とWindows Phone 8.1で共通化したことで可能になった。開発者は同日RCを公開した「Visual Studio 2013 Update 2」でuniversal Windows appsを構築できる。

 既にWindows向けに開発済みのアプリをWindows Phoneに移植することも、その逆も容易にできるという(基調講演では「Xbox One」にも移植すると説明していた)。

 ユーザーにとっては、OneDrive上のコンテンツをPC、タブレット、スマートフォンの同じアプリから開けるようになるということだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -