ニュース
» 2014年04月04日 08時20分 UPDATE

Microsoft、「Office for iPad」のダウンロードが1200万本突破と発表

Microsoftが「Office for iPad」のダウンロード数がリリース1週間で1200万本を突破したと発表した(ダウンロード数には2011年にリリースしたOneNoteも含まれる)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月3日(現地時間)、「Office for iPad」の「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」のダウンロード数が1200万本を突破したと公式ツイートで発表した。

 office

 同社は3月27日にOffice for iPadとして、Word、Excel、PowerPointをリリースした。OneNoteは2011年12月にリリース済み。Microsoftはダウンロードの内訳は公表していないが、Office for iPadリリースの翌日には各国のApp StoreでWordやExcelが無料アプリランキングの上位を占めた

 Office for iPadは無料でダウンロードでき、Officeのドキュメントを閲覧できる。ドキュメントを編集するには、Office 365のサブスクリプション(年額99ドル)が必要だ。なお、Microsoftは公式ブログでOffice for iPadは「日本市場ではこのタイミングでの提供は行わない」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -