ニュース
» 2014年04月11日 06時26分 UPDATE

Google Glass、米国で1日限定の一般販売

米国在住の18歳以上であれば、4月15日に「Glass Explorer」プログラムにエントリーし、1500ドルで度付きメガネまたはサングラス付きのGlassを購入できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月10日(現地時間)、メガネ型端末「Google Glass」のプロトタイプを1日限定で米国で発売すると発表した。米国在住の18歳以上が対象で、米東部夏時間の4月15日の午前9時から特設ページでエントリーできる。数量限定。

 同社は2012年の「Google I/O」でGlassを発表して同カンファレンス参加者に最初のGlassを提供した後、「Glass Explorer」プログラムを通じて段階的にプロトタイプのユーザーを増やしている。今回もその一環で、さらなるフィードバックを得るのが目的という。

 価格は従来と同じ1500ドルで、エントリーの際には「なぜGlassに興味があるのか」「Glassで何がしたいか」などの項目を入力する必要がある。今回は、Glass用の度付きメガネあるいはサングラスも付属する。

 glass

 Googleは発表文の文末に「米国外の皆さん、ごめんなさい。まだ国外にGlassを提供する準備ができていません」と書いている。Glassのプロトタイプは購入時にGoogleの担当者から操作方法などの説明を受ける必要がある。

 Glassの製品版発売の時期はまだ不明だ。Googleは3月、すぐにでも発売されるといううわさを否定し、「商品化前にまだ当面フィードバックが必要」と説明した

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -