ニュース
» 2014年04月16日 16時07分 UPDATE

「Microsoftは環境知能時代の分析ツールを提供する」とナデラCEO

Microsoftのサティア・ナデラCEOは、IoT(モノのインターネット)が生成するビッグデータの分析プラットフォームとして、SQL Server、Azure、Bingをバックエンド、Officeをフロントエンドと位置付けた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftのサティア・ナデラCEOは4月15日(現地時間)、IoT(モノのインターネット)を含むあらゆる端末が収集・生成するビッグデータの分析に関する取り組みについて発表した。

 ナデラ氏は、車のダッシュボードからスニーカーまで、あらゆるIoTのモノと人間あるいはモノ同士のやりとりでデータが集められる今日、Microsoftはこうして収集されたデータを「環境知能(ambient intelligence)」の“燃料”にするためのプラットフォームの開発に取り組んでいるという。

 nadella

 同氏は、この取り組みではSQL Server、Power BI、Bing、Azure、Hadoopと機械学習がバックエンドの役割を果たすと説明する。エンジニアや開発者ではない一般的なユーザー向けのフロントエンドはOfficeだという。

 Microsoftは同日、“SQL ServerとHadoopの機能を1つにした箱入りビッグデータ”の「Analytics Platform System(APS)」のリリースと、IoTデータの分析ツール「Azure Intelligent Systems Service」の限定β版リリースを発表した。

 azure Azure Intelligent Systems Serviceの画面

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -