ニュース
» 2014年04月17日 16時59分 UPDATE

スマホが電子マネーの決済端末に 楽天Edyで実現 外部デバイス不要

おサイフケータイ搭載スマホで電子マネー決済ができるプラットフォームを楽天Edyなどが構築。スマホだけで電子マネー決済できるのは国内初という。

[ITmedia]
画像 決済イメージ

 楽天Edyと、トッパン・フォームズグループで決済プラットフォーム事業を展開するTFペイメントサービスは4月17日、おサイフケータイ機能を搭載したスマートフォンで、電子マネー「楽天Edy」の決済ができるプラットフォームの運用を始めると発表した。外部デバイスを利用せず、スマートフォンだけで電子マネー決済できるのは国内初という。

 おサイフケータイ(FeliCa)搭載スマートフォンを使ってEdyを読み取れる決済アプリケーションと、クラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud」(シンカクラウド)を連携させて実現した。店舗は、楽天Edyの加盟店契約を結び、スマートフォンにアプリをダウンロードするだけで対応できる。

 第1弾として、「楽天Koboスタジアム宮城」(仙台市)で4月18日に開催する東北楽天ゴールデンイーグルスの試合に導入。スタンドの一部でビールを購入する際に、スマートフォンを使った楽天Edy決済に対応する。今夏ごろまでに、同スタジアム全エリアへの利用拡大を目指す。

 将来は、アプリをGoogle Playなどで公開し、広く普及させる計画。屋外イベントや運輸、宅配サービスなどでの導入を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -