ニュース
» 2014年04月24日 16時38分 UPDATE

“史上最高レベル”のスマホ向け日本語入力「Super ATOK ULTIAS」 富士通とジャストシステムが共同開発

富士通とジャストシステムがAndroid端末向け日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」を共同開発した。今夏発売の製品から順次搭載する。

[山崎春奈,ITmedia]

 富士通とジャストシステムは4月24日、Android端末向けの日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」を共同開発したと発表した。変換機能自体の精度を高めた上、ハードの操作性を含めた使いやすさを追求。“スマートフォン史上最高レベルの日本語入力システム”をうたい、今夏発売のスマートフォン/タブレットから順次搭載していく。

photo 多少のミスも再入力いらず

 ジャストシステムの日本語入力システム「ATOK」をベースにスマートフォン向け機能を搭載。富士通がこれまでスマートフォン開発で培ったノウハウやユーザーからの意見を生かし、タッチパネルの感度やユーザーインタフェースを改善。ハード/ソフトの総合的な使いやすさが特徴という。

 最新のPC版ATOK相当の推測エンジンや語彙(ごい)を搭載し、長い文章でも高い精度で予測・変換できる。使い分けが分かりにくい同音異義語は変換時に意味を表示し、正確な言葉選びが可能だ。

 メールやSNSでは「話し言葉優先」、地図では「地名優先」、アドレス帳では「人名優先」――など、利用アプリに応じた辞書の自動切り替えや、ニュースや流行の本・音楽に関する最新単語を自動に辞書に追加する「ATOKキーワードExpress」など、スマートフォン利用時に役立つ機能も搭載する。

photo 「ライブラリー」と入力すると英単語をサジェスト
photo 同音異義語は意味を表示
photo 大きめの「つまみ」をつけてカーソルを指定しやすく

 郵便番号7ケタを入力すると該当住所を表示したり、「契約」を「contract」、「アーカイブ」を「archive」など日本語やカタカナ語を英単語に変換するなど、ビジネスシーンで役立ちそうな機能も備える。

 ATOKのこだわりは「ユーザーの思考を寸断させず、考えをできるだけスムーズにテキストにすること」とジャストシステムの田食雅行CPS事業部長は話す。2011年に「ATOK for Android」をリリースしているが、富士通と共同開発することで「ハードとの連携を綿密に行っており、操作性も含めた新製品」という。

photo 富士通 高田克美執行役員

 富士通の高田克美執行役員は「スマートフォンの利用割合は急速に増えているが、文字入力に関しては『使いにくい』『慣れない』という人も根強く多い。ATOKの高いパフォーマンスを最大限引き出すべく、タッチパネルの精度や選択カーソルの表示などインタフェースの部分の研究を重ね、“史上最高”に使いやすいと実感してもらえる製品を作っていきたい」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -