ニュース
» 2014年05月02日 09時13分 UPDATE

Microsoft、iPhone版OneNoteにノート作成機能を、Mac版には印刷機能を追加

サービスのマルチプラットフォーム化を進めるMicrosoftが、Officeスイートのメモアプリ「OneNote」のiPhone版、iPad版、Mac版をそれぞれアップデートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月1日(現地時間)、米AppleのiOSおよびMac向けの「OneNote」アプリをそれぞれアップデートしたと発表した。前者はiTunes App Storeで、後者はMac App Storeでそれぞれダウンロードできる。

 onenote 1 iPhone版OneNote

 OneNoteは、テキスト、画像、動画、音声を記録し、MicrosoftアカウントでログインしたクラウドストレージOneDriveを介して共有できるOfficeスイートのメモアプリ。Windows版(有料版/無料版)と、無料のOffice Online版、Windows Phone版、iPhone版iPad版、Android版、Mac版がある。

 iOS版には、リクエストが多かったノート作成機能が追加された。ノート一覧画面右下の[+]をタップすると表示されるメニューからノートを新規作成できる。また、iPadでは既に利用できている「Office Lens」機能がiPhoneでも利用できるようになった。Office Lensは、端末のカメラで撮影した画像をそのままOneNoteのノートとしてOneDriveに保存する機能だ。さらに、アプリのデザインをiOS 7のフラットデザインに合わせた。

 Mac版には、こちらもリクエストが多かった印刷機能が追加された。プリント機能ではノートをPDFファイルとして保存することも可能だ。この他、Web上の画像などをドラッグ&ドロップでノートに保存する機能、「書式のコピー/貼り付け」機能が追加され、ハイパーリンクに対応した。

 onenote 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -