ニュース
» 2014年05月02日 10時10分 UPDATE

Appleの音楽クラウドサービス「iTunes Match」が日本上陸

CDなどiTunes以外から読み込んだ曲も含め、すべての音楽をiCloudに保存するAppleのクラウド音楽サービスがついに日本でも利用できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月2日、音楽クラウドサービス「iTunes Match」を日本のユーザー向けに提供開始した。登録料は年額3980円。iTunes Storeから登録できる。

 itunes
 itunes 2

 iTunes Matchは、Appleのクラウドサービス「iCloud」のオプションとして提供される音楽クラウドサービス。米国では2011年11月にスタートした。

 CDからリッピングしたものも含め、iTunesに保存している楽曲ファイルすべて(制限については後述)がiCloudにアップロードされ、同じApple IDで使っているすべての端末(Windows PCやApple TVを含む)のiTunesで音楽にアクセスできる。例えばCDからリッピングした楽曲の音質が低い場合でも、iTunes Storeに同じ楽曲がある場合は「Match(マッチ)」し、256kbps AACのDRMフリー版に変換される。マッチしなかった楽曲はそのままの音質でアップロードされる。

 iTunes Storeで購入したもの以外の楽曲は2万5000曲まで、1ファイルは200Mバイト以下、1曲は2時間以下という制限がある。また、DRMで保護されている曲はiCloudにアップロードされない。

 MacあるいはWindowsのiTunes 10.5.1以降、iOS端末の場合はiOS 5.0.1以降に対応する。

 詳細はAppleのサポートページを参照されたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -