ニュース
» 2014年05月07日 15時36分 UPDATE

Google Glassを航空機の整備に活用 JALとNRIが実証実験

JALとNRIが、Google Glassを活用した業務スタイルの実証実験を開始。航空機の整備士などJALの実務スタッフが装着し、現場作業の効率向上や負担軽減を図る。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)はこのほど、米ハワイのホノルル空港で、Google Glassを活用した業務スタイルの実証実験を始めた。航空機の整備士などJALの実務スタッフがGoogle Glassを装着し、遠隔地にいるJAL本社スタッフから後方支援を受けるなど、現場作業の効率向上や負担軽減を図る。


画像 Google Glassを装着した整備士 
画像 グローブ型デバイスのイメージ

 航空機の整備作業や貨物の搭降載作業を効率的・確実に実施可能にするシステムの導入が目的。Google Glassは現在、米国内でのみ試験運用されており、実験も米国内で実施する。手に装着するグローブ型デバイスなど、Google Glass以外のウェアラブル端末の活用も検討する。

 NRIは、企業と共同で新サービスの創出を目指す「NRI未来ガレージ」の一環として参画。実際の空港の現場に必要なユーザーインタフェースの最適化などを進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -