ニュース
» 2014年05月07日 17時12分 UPDATE

任天堂、営業赤字464億円に拡大 Wii Uは272万台どまり 今期は360万台販売へ

任天堂の通期は営業赤字が前回予想から100億円超悪化。Wii Uが不振で、ハードの販売は272万台と期初見通し(900万台)の3分の1以下にとどまった。

[ITmedia]

 任天堂が5月7日に発表した2014年3月期連結決算は、営業損益が464億円の赤字だった(前期は364億円の赤字)。前回予想は350億円の赤字だったが、Wii Uハード/ソフト、ニンテンドー3DSハードが目標に届かなかったことなどが響いた。

 Wii Uはハード販売が272万台と、期初見通し(900万台)の3分の1以下にとどまった。今期はプラットフォーム活性化に取り組み、360万台の販売を目指すとしている。

 売上高は前期比10%減の5717億円。ゲーム機の不振に伴い、棚卸し資産の評価損を迫られた上、研究開発費が想定より増加し、営業赤字が拡大した。円安による為替差益で経常損益は60億円の黒字を確保したが、繰延税金資産取崩しなどの影響で、最終損益は232億円の赤字(前期は71億円の黒字)に転落した。

 Wii Uは欧米での本体値下げの影響などでハードの採算が厳しい状態。ソフト販売は1886万本にとどまり、ソフトの利益でハードの不振を補えなかった。3DSも期初の目標を下回り、ハードが1224万台/ソフトが6789万本にとどまった。海外で発売した、3DS機能を省いた「ニンテンドー2DS」は220万台だった(3DS販売数に含まれる)。

 今期の販売目標は、Wii Uがハード360万台/ソフト2000万本、3DSがハード1200万台/ソフト6700万本。

 Wii Uは、GamePadの特長を活かしたソフトの提案や、NFCリーダーライター機能の活用、ニンテンドーDSのバーチャルコンソールをソフトのラインアップに順次加えるなどしてプラットフォームを拡充するほか、「マリオカート 8」など人気シリーズタイトルを投入する。3DSは「大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS」など人気シリーズを投入し、しっかりとした利益を生み出すよう努めるとしている。

 今期の業績予想は、売上高が5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -