ニュース
» 2014年05月08日 16時05分 UPDATE

2014年末段階でネットに接続できないのは世界で45億人に──ITU予測

来年はGoogleもFacebookも、“残りの45億人”にインターネットを届けることに取り組むことになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 国際連合(UN)の専門機関である国際電気通信連合(ITU)は5月5日(現地時間)、世界の通信事情に関する2014年の統計を発表した。

 これによると、2014年末までにインターネットユーザー数は約30億人になるという。その3分の2は新興国のユーザーが占める。

 un

 2014年末のインターネットの普及率を地域別にみると、欧州では4人中3人が、アメリカでは3人中2人が、アジア太平洋地域では3人に1人が、アフリカでは5人に1人がインターネットを利用するようになるという。

 ITUによると、30億人というのは世界総人口の約40%に当たる。つまり、あと45億人が2014年末の段階でインターネットが使えないということだ。

 世界中にインターネットを普及させることに取り組む米Facebookや米Googleは、“残りの50億人にネット環境を”とうたっているが、来年は“残りの45億人に”と言い換えることになりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -