ニュース
» 2014年05月09日 11時43分 UPDATE

Bitly、不正アクセスの疑いでパスワード変更他を呼び掛け

短縮URLサービスのBitlyが不正アクセスの疑いがあったとして、APIキー、OAuthトークン、パスワードを変更するようユーザーに呼び掛けている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Bitlyは5月8日(現地時間)、同名の短縮URLサービス「Bitly」に不正アクセスが試みられた疑いがあるとして、ユーザーにAPIキーとOAuthトークンの変更、パスワードのリセット、FacebookおよびTwitterアカウントとの再接続を呼び掛けた。

 現段階ではアカウントへの不正な接続は確認されていないが、ユーザーの安全のために念のためFacebookとTwitterアカウントとのリンクを断つなどの処置を行ったとしている。

 ユーザーに求められている設定変更の方法は以下の通り。

  1. アカウントにログインし、[Your Settings]→[Advanced]タブを開く
  2. [Advanced]タブの下の方にある[Legacy API key]の「Show legacy API key」をクリックし、[Reset]を選択(下図参照)
  3. 新しいAPIをコピーし、すべてのアプリケーションでのAPIを変更する
  4. [Profile]タブに移動し、パスワードを変更する
  5. Bitlyを利用しているすべてのアプリケーションとのリンクを一旦解除し、再接続する。接続中のアプリケーションは、[Your Sttings]の[Connected Accouts]タブで確認できる
 bitly

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -