ニュース
» 2014年05月13日 09時26分 UPDATE

「Visual Studio 2013 Update 2」リリース iOSやAndroidアプリ開発ツールキットをサポート

Microsoftが「Visual Studio Update 2」をリリースした。「モバイル第一、クラウド第一」戦略に則り、マルチプラットフォームアプリ開発ツール「Apache Cordova」をサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月12日(現地時間)、テキサス州ホーストンで開催のイベント「TechEd North America 2014」において、「Visual Studio 2013 Update 2」のリリースを発表した。

 同社がサティア・ナデラCEOの下で推進する「モバイル第一、クラウド第一」戦略の一環として、マルチプラットフォームのモバイルアプリ開発をサポートした。

 Visual Studioでは既に、昨年11月に発表した米Xamarinとの提携でiOSおよびAndroidアプリを開発できるようになっているが、新たに「Apache Cordova」をサポートする「Visual Studio tooling support for Apache Cordova」のプレビューをリリースした。

 Apache Cordovaは、HTML、CSS、JavaScriptを使ってマルチ端末のモバイルアプリを構築できるオープンソースのプラットフォーム。これにより、iOS、Android、Windows Store、Windows PhoneアプリをVisual Studioで開発できる。

 cordova

 開発したアプリは「Apache Ripple」でシミュレートできる。新ツールではVisual StudioのデバッガーをApachr Ripple、ローカルのイミュレーター、端末に接続できるので、例えばAndroid 4.4搭載端末で稼働するJavaScriptやDOMをVisual Studio内でデバッグできる。

 debug

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -