ニュース
» 2014年05月13日 20時20分 UPDATE

世界初4K30p撮影可能なウェアラブルカメラ パナソニック

4K30p撮影が可能なウェアラブルカメラがパナソニックから。

[ITmedia]

 パナソニックは5月13日、4K画質(3840×2160ピクセル)で30pの撮影が可能なウェアラブルカメラ「HX-A500」を6月12日に発売すると発表した。4K30pの撮影に対応した民生用アクションカメラは世界初という。オープン価格で、実売予想価格は4万2000円前後(税別)。

画像

 有効約903万画素(16:9)の1/2.3インチの「新・大型セル&裏面照射型高感度MOSセンサー」、新開発の高解像レンズシステム、高速処理が可能な「クリスタルエンジンPRO+」を採用し、高精細化を実現した。

 カメラ部と本体部が分かれたデザイン。カメラ部は26.5(幅)×26.5(高さ)×68.5(奥行き)ミリ、重さ31グラムと小型・軽量に抑えた。本体部は新たに液晶ディスプレイを搭載し、画角や撮影設定などを確認しやすくした。

 付属のヘッドマウントは左右の側頭部と後頭部の3点で支える構造で、従来モデルより負担を軽減させた。複数の動画から自動で見どころを抽出し、映像効果や音楽を付け加えて短い動画を作成する「ムービースライドショー」機能も備えた。

 本体部のサイズは59.5(幅)×94(高さ)×26.7(奥行き)ミリ、重さは128グラム。使用時の全体の重さは185グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -