ニュース
» 2014年05月20日 13時22分 UPDATE

メトロポリタン美術館、約40万点の高精細画像ダウンロードを可能に

メトロポリタン美術館が、フェルメールやモネなどの約40万点の所蔵作品の高精細画像を無料でダウンロードできるようにした。学術論文などでの非商用利用であれば利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ニューヨークのメトロポリタン美術館は5月19日(現地時間)、所蔵作品の高精細画像をダウンロードできるサービス「Open Access for Scholarly Content(OASC)」を発表した。学術論文などへの非商用利用であれば、ダウンロードした画像を利用することも可能だ。

 met 1

 日本でも人気のあるフェルメールの「水差しを持つ若い女」やアングルの「ドブロリ公爵夫人」など、多数の作品の高精細画像を無料でダウンロードできる。

 met 2 フェルメールの「水差しを持つ若い女」

 コレクションのページで表示できる約40万点すべてがダウンロードできるわけではないが、画像の下に[OASC]というアイコンが付いているものは、[↓]をクリックすることでダウンロードできる。

 met 3

 メトロポリタン美術館は米Googleの「Art Project」にも参加しており、こちらでも所蔵作品を閲覧できるが、解像度が低く、ダウンロードもできない。

 OASCの作品は個人での利用が可能なので、PCなどのデスクトップの壁紙に使うこともできる。

 met 3 尾形光琳の「八橋図屏風」を壁紙にしてみた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -