ニュース
» 2014年05月20日 17時25分 UPDATE

4K試験放送の録画に対応したレコーダー シャープが業界初

業界で初めて4K試験放送(4K60p)をそのままの画質で受信でき、録画・再生も可能な「AQUOS 4Kレコーダー」発売へ。

[ITmedia]
画像

 シャープは5月20日、業界で初めて、4K試験放送(4K60p)をそのままの画質で受信でき、録画・再生も可能な「AQUOS 4Kレコーダー」(TU-UD1000)を6月25日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は12万円前後。

 4K試験放送は、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が6月2日に124/128度CSデジタル放送で開始予定。

 レコーダーは、4K試験放送の受信に必要なHEVCデコーダーとスカパー!プレミアムサービスチューナーを搭載。4K対応液晶テレビ「AQUOS」などと組み合わせることで、4K映像を視聴できる。

 1TバイトのHDDを搭載。4K試験放送をDRモードで約53時間録画できる。映像をデジタル伝送する規格「HDMI 2.0(4K60p)」に準拠し、コンテンツ保護規格「HDCP2.2」に対応。録画した4K試験放送番組を4K60pで出力でき、4K画質での再生が可能だ。

画像

 同日、4K対応液晶「AQUOS」(70V型「LC-70UD20」、60V型「LC-60UD20」、52V型「LC-52UD20」)も発表。TU-UD1000と組み合わせて4K試験放送を楽しめる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -