ニュース
» 2014年06月06日 09時24分 UPDATE

Xbox OneのコントローラーをPCで使えるドライバ、提供開始

Microsoftが、Xbox OneのコントローラーをPCで利用するためのドライバの提供を開始した。接続するにはマイクロUSBケーブルも必要だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月5日(現地時間)、ゲームコンソール「Xbox One」のコントローラーをWindows PCに接続して使うためのドライバ(x86/x64)の提供を開始したと発表した。

 将来的にはこのドライバをWindows Updateの一環として提供する計画。同日からMicrosoftでXbox LIVEのプログラミングディレクターを務める“メジャー・ネルソン”ことラリー・ハーブ氏のブログからダウンロードできる。

 Xbox Oneのコントローラーは無線でコンソール本体とペアリングできるが、PCではマイクロUSBケーブルでの接続が必要だ。

 controller

 ユーザーはこのドライバをインストールすることで、Xbox 360のコントローラーで利用可能なPC向けゲームやアプリをXbox Oneのコントローラーでも操作できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -