ニュース
» 2014年06月13日 08時57分 UPDATE

Facebook、ターゲティング広告でユーザーの外部サイトでの履歴も参照へ

Webブラウザとアプリの履歴がFacebookのターゲティング広告に反映されるようになることに合わせ、Facebookはユーザーが広告表示をコントロールするためのツールを改善する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月12日(現地時間)、ターゲティング広告にユーザーの外部サイトやアプリの利用履歴を反映させると発表した。まずは米国で数週間後から開始する。

 Facebookはこれまで、Facebook内でのユーザーのアクティビティやユーザーが「いいね!」したFacebookページなどのデータに基いてターゲティングした広告を表示してきたが、ユーザーにとってより関連性の高い広告を表示するためにデータの範囲を拡大することにしたという。このようないわゆる「interest-based advertising(関心に基づく広告)」は既に多くの企業が実施しているとFacebookは説明する。

 例えばユーザーがテレビの購入を検討してWebブラウザやモバイルアプリでテレビを検索すると、Facebookを開いた際にテレビや関連するスピーカーなどの家電製品の広告が表示されるようになる。

 同社はターゲティング広告の強化に合わせ、ユーザーが「なぜこの広告が表示されるのか」を確認するための機能を追加する。各広告の右上にあるプルダウンメニューに「Why am I seeing this?」という項目が表示され、これを選択すると、その広告が表示された理由のおおまかな説明と、類似する広告を非表示にするための編集機能が開く。

 facebook 1

 この機能はまず米国で提供を開始し、将来的には提供地域を拡大していく計画という。

 Facebookに関連性の高い広告を表示したくない場合は、オプトアウトする必要がある。Webブラウザでオプトアウトするには、Facebookが提携しているDigital Advertising Allianceのオプトアウト設定ページの「Companies Customizing Ads For Your Browser」タブでFacebookを選択し、リストの下にある「Submit your choices」をクリックする。

 facebook 2

 Androidでは、「Google設定」アプリで[広告]→[インタレストベース広告をオプトアウト]を有効にすれば、Facebookを含むインタレストベースの広告をオプトアウトできる。

 iOS 7では、[設定]→[プライバシー]→[広告]→[追跡型広告を制限]を有効にする。

 facebook 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -