ニュース
» 2014年06月16日 07時46分 UPDATE

イラク危機の中、政府がネット遮断を予告 「光ケーブル整備のため」

イラク侵攻中のISISは多数の戦闘画像をツイートしていたが、現在関連するアカウントは凍結されている。イラク政府当局は公式Facebookで「メンテナンスのために」ネットを遮断すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 アルカイダ系の武装組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が勢力を広げるイラクで6月13日(現地時間)、イラク政府が米GoogleのYouTubeやFacebook、Twitterのサービスを遮断したと、イラク通信(KUNA)が報じた(記事ではISILとなっているがISISが正式名称)。

 Googleの透明性レポートのページを見ると、イラクのYouTubeのトラフィックは13日から激減している(日付は日本時間)。

 youtube

 Twitterは同日、公式ブログで「イラクのユーザーからアクセスできないという報告があり、現在調査中」とツイートした。

 ISISは幾つかのTwitterアカウントでイラク侵攻の画像をツイートしていたが、現在ほとんどのアカウントが「凍結済みアカウント」となっている。

 イラク政府の通信省は13日、公式Facebookページで、15日に「通信ケーブルのメンテナンスのため」ネットを遮断すると発表した。

 facebook

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -