ニュース
» 2014年06月18日 15時47分 UPDATE

YouTube、近日スタートの有料サービスでインディーズレーベルをブロックへ

Google傘下のYouTubeが近日中にサブスクリプション制の音楽動画ストリーミングサービスをスタートするに当たり、契約更新を拒否したインディーズレーベルの動画をブロックする見込みだ。アデルやアークティック・モンキーズの動画が見られなくなるかもしれない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Google傘下のYouTubeが準備中のサブスクリプション制音楽サービスで、一部のインディーズレーベルとの交渉がまとまらず、関連レーベルの動画が近日中にYouTubeから削除される──。米Financial Timesが6月17日(現地時間)、YouTubeのコンテンツ担当副社長、ロバート・キンセル氏やインディーズレーベル側の話としてそう報じた。

 YouTubeは現在、ほとんどの大手レーベルやインディーズレーベルとの契約の下、広告付きでミュージックビデオを無料で視聴できるようにしている。こうした従来の方法と並行して提供する新有料サービスでは、定額制で広告表示のないミュージックビデオを視聴できるようになる。

 キンセル氏によると、音楽業界の95%を占めるレーベルと新たな条件で契約を更新できており、“新しいプラットフォームのすべてのコンテンツを新契約条項に準拠させるために”、交渉が成立しなかった残り5%に当たるインディーズレーベルの動画を数日中にブロックするという。

 新契約を拒否した複数のレーベルによると、YouTubeは弱小レーベルに対して3大レーベル(Universal Music Group、Sony Music Entertainment、Warner Music)とは異なる条件を提示したという。

 近日中にブロックされるアーティストには、アデル、アークティック・モンキーズ、ヴァンパイア・ウィークエンドなども含まれる見込み。

 adele アークティック・モンキーズの公式YouTubeチャンネル

 インディーズレーベル協会A2IM会長のリッチ・ベングロフ氏は米Billboardに対し、「Rdio、Spotify、Rhapsody(いずれも米国の音楽ストリーミングサービス)をはじめとする約20のサービスはわれわれを(大手レーベルと)公平に扱ってくれるが、YouTubeは明らかに違う。この件について私はFTC(米連邦取引委員会)に申し立てた」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -