ニュース
» 2014年06月18日 20時12分 UPDATE

トヨタ、新テレマティクス「T-Connect」 音声エージェントやアプリ機能 SDK配布

トヨタが自動車情報サービスを一新した「T-Connect」発表。音声対話やアプリのカスタマイズができ、SDKを使った対応アプリの開発・配布も可能だ。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は6月18日、新テレマティクス(自動車情報サービス)「T-Connect」を発表した。音声対話エージェントの搭載や、アプリを選んで追加できる機能などが特徴。SDK(ソフトウェア開発キット)を配布し、開発者が独自アプリをストアから提供することも可能だ。対応ナビは夏以降に発売する。

photo

 従来の「G-BOOK」を一新した新サービス。音声対話エージェントとアプリ機能、G-BOOKで提供してきた安心安全サービスや情報サービスをまとめた「オンラインケア」で構成する。通信機能は車載通信機(DCM)のほか、スマートフォンのテザリングなども対応する。

 音声対話型「エージェント」機能は、G-BOOKの有人オペレーターサービスを自動化したもの。「○○道路沿いの蕎麦屋に行きたい」「今やっている駐車場」などのフレーズで目的地を音声検索できる。複雑な検索は実際のオペレーターに転送も可能だ。

 アプリ機能「Apps」では、スマートフォンのように目的や用途に合わせて好みのアプリをインストールできる。ブレーキ技術をスコアで示す「停止の達人。」や「ぐるなび」「天気予報」などを配信。開発者にはSDKを配布する予定で、位置や車速、燃費などの情報を使ったアプリを専用ストアから無料/有料で配信できる。

 渋滞回避ルートの案内、地図データ更新などオンラインケアも充実。交通データとしてトヨタの物流車両の走行状況をリアルタイムに反映させ、精度を向上しているという。

 スマートフォン向けに「T-Connectスマホアプリ」も提供。走行距離や運転時間などを記録する「マイカーログ」や、車を降りた後の経路案内、周辺案内を行う「ラストワンマイル」などを利用できる。 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -