ニュース
» 2014年06月20日 12時14分 UPDATE

「ニコニコ動画」閲覧者に偽Flash Player更新通知 マイクロアドの広告ネットワークが原因

「niconico」内で19日未明から、Flash Playerの更新を促す偽の通知が表示され、マルウェアをダウンロードさせられるという報告が相次いでいたが、原因はマイクロアドの広告ネットワークだったという。

[ITmedia]

 ドワンゴは、動画サービス「niconico」内で6月19日未明から、Flash Playerの更新を促す偽の通知が表示され、誘導に従うとマルウェアをダウンロードさせられるという報告があったと発表した。マイクロアドの広告ネットワークに埋め込まれていたスクリプトが原因で、同日正午までに同ネットワークとの通信を遮断したという。

画像 表示されていた通知の例

 「ニコニコ動画」や「ニコニコ生放送」を閲覧中、「このページは表示できません! Flash Playerの最新バージョンへのアップデート!」というメッセージがポップアップ表示され、偽のFlash Player更新サイトに誘導された──という報告がネットで相次ぎ、Flash Player提供元のアドビシステムズが注意を呼びかけていた

 マイクロアドによると、同社が提供する広告配信サービス「MicroAd AdFunnel」を導入している一部のメディアで問題が起きていたという。提携している米国の広告事業社からマイクロアドの広告サービスを経由して問題の広告が配信されていたことを確認し、19日午前10時ごろに同事業者からの配信を停止したという。同事業者からは、該当の広告と関連するドメインをすべて特定し、停止処置を完了したと報告を受けたという。

 被害規模や、ユーザーが被害を受けたかの判別方法、被害を受けた場合の回復方法などは、マイクロアドが調査中。ドワンゴは「マイクロアドから報告があり次第改めて周知する」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -