ニュース
» 2014年07月01日 08時13分 UPDATE

Twitterのアプリインストール広告、日本を含む世界でスタート

アプリ開発者はTwitterカードやプロモツイートに[インストール]ボタンを追加し、直接アプリストアにユーザーを誘導できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月30日(現地時間)、4月にβスタートしていたモバイル向けアプリインストール広告の世界での提供を開始したと発表した。

 広告主は投稿(Twitterカードやプロモツイート)に設置する[インストール]ボタンでユーザーをアプリストア(Google Playあるいは米AppleのApp Store)に直接誘導できる。ユーザーがアプリをインストール済みの場合は[開く]ボタンになり、これをタップするとTwitterのタイムラインから直接アプリが開く。

 twitad インストール済みアプリの広告では[開く]ボタンが表示される(右)

 Twitterによるとβテストの結果は好調で、例えば米Playdotsはパズルゲーム「TwoDots」のインストール広告の採用後、短期間に100万本以上のインストールが達成できたとしている。

 この広告は、Twitterが昨年9月に買収した米MoPubのモバイル広告サービス「MoPub Marketplace」上で提供する。料金体系はCPAC(cost-per-app-click)で、ユーザーがボタン経由でアプリをインストールするか開いた場合にのみ広告主に課金する。広告主はMoPub Marketplaceのダッシュボードでコンバージョンを追跡できる。

 twitad 2

 同様のインストール広告はFacebookが2012年から提供しており、Googleも検索結果ページとYouTubeで提供を開始すると発表している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -