ニュース
» 2014年07月07日 11時50分 UPDATE

Googleの創業者コンビ、人工知能や自動運転カーを語る

Googleのラリー・ペイジCEOとGoogle Xを統括するサーゲイ・ブリン氏がSun Microsystemsの共同創業者でベンチャーキャピタリストのビノド・コースラ氏とGoogleの様々な取り組みについて語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの共同創業者、ラリー・ペイジCEOとサーゲイ・ブリン氏は7月3日(現地時間)、米ベンチャーキャピタルKhosla Venturesの年次カンファレンスに登壇し、ビノド・コースラ氏とGoogleの方針や取り組みについて語った。

 google 左から、ビノド・コースラ氏、ラリー・ペイジ氏、サーゲイ・ブリン氏

 機械学習や人工知能についてのコースラ氏の問い掛けにブリン氏は、機械学習にフォーカスした“脳プロジェクト”をはじめとする多数の取り組みを進めていると語った。脳プロジェクトでは映像入力の処理技術を開発しており、自動運転カーに応用しているという。ブリン氏は、いつの日か完全な推論が可能な人工知能を構築したいとし、1月に人工知能企業DEEPMIND TECHNOLOGIESを買収したのもその一環だと語った。

 自動運転カーについては、普及すれば社会に大きな変化をもたらせるとブリン氏は語った。老人や障害者に移動手段を提供できるが、さらに普及すればコミュニティーやライフスタイルを変える可能性があるという。現在市街地の30〜50%が駐車場として使われているが、人々が自家用車を持つことをやめ、必要なときに自動運転カーを使うようにすれば、駐車場は必要なくなり、交通渋滞も解消されるとブリン氏は語った。

 これを受けてコースラ氏は、現在1カ月レンタカーを借りれば300ドル掛かり、運転手を雇えば1日300ドル掛かるが、自動運転カーはこうしたコストを削減できると語った。

 とはいえ、ブリン氏は自動運転カープロジェクトがまだごく初期段階であるとし、今後複数のメーカーやサービスプロバイダーと提携して実現に近づけていくと語った。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -