ニュース
» 2014年07月14日 13時08分 UPDATE

Dropboxのデスクトップアプリ、大容量ファイルの同期速度が最大2倍に

Dropboxのデスクトップクライアントがバージョン2.10.1にアップデートされ、大容量ファイルの同期を高速化する「Streaming Sync」機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは7月11日(現地時間)、クラウドストレージのデスクトップクライアントをバージョン2.10.1にアップデートしたと発表した。ダウンロードページ(リンク先をクリックするとダウンロードが始まる)から入手できる。

 このアップデートで、動画など大容量のファイルの同期速度が従来より速くなる「Streaming Sync」機能が追加された。テストの結果、20Mバイト程度のファイルでは従来の同期とあまり変わらないが、500Mバイトでは約1.3倍速かったという。

 dropbox

 Dropboxでのファイル同期は、アップロードとダウンロードのフェーズが分かれており、他のクライアントでダウンロードできるようになるためにはファイルが完全にアップロードされている必要がある。Streaming Syncではプロトコルを変更することでこの2つのフェーズをオーバーラップさせることでデータを“ストリーミング”させることに成功したという。これにより、同期速度が最高で2倍速くなった(詳細な説明は技術ブログを参照されたい)。

 dropbox 2 従来の同期(左)とStreaming Sync(右)

 アップデートではこの他、メニューがスクロール可能になり、ファイルに共有リンクを追加できるようになり、メニュー上で共有フォルダへの招待を受けられるようになった。また、デンマーク語、オランダ語、スウェーデン語、タイ語をサポートした。

 dropbox 3

 Streaming Syncはサーバ側のアップデートが必要なため、全ユーザーが使えるようになるのは2週間後くらいになる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -