ニュース
» 2014年07月16日 08時11分 UPDATE

Googleのスマートコンタクトレンズ、ノバルティスが製造へ

Googleが1月に発表した無線チップ搭載の医療用“スマートレンズ”のライセンスを製薬大手Novartis傘下のAlconが取得し、開発・商品化する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 スイス製薬大手のNovartisは7月15日(現地時間)、傘下のアイケア製品部門のAlconが米Googleのスマートコンタクトレンズのライセンスを受けることで合意に達したと発表した。

 ライセンスは医療用途が対象で、Alconは“スマートレンズ”の開発、商品化に取り組む。

 lens

 スマートレンズは、Googleの新規プロジェクト部門「Google X」が1月に発表した無線チップとセンサーを搭載する医療用コンタクトレンズ。糖尿病患者の血糖値を涙液で測定するというものだ。プロトタイプは、ソフトコンタクトレンズ用素材でできた2枚の膜の間に微小な無線チップと血糖値センサー、毛髪より細いアンテナ、LEDライトが挟み込まれており、1秒ごとに血糖値をチェックする。

 Googleは発表の際、商品化してくれるパートナー企業を探しているとしていた。コンタクトレンズは医療用品のため、商品化には各国当局の認可が必要だ。

 Novartisは血糖値チェックに加え、老眼矯正機能の追加も検討しているという。

 Googleの共同創業者でGoogle Xに従事するサーゲイ・ブリン氏は発表文で、「われわれの夢は人々の生活の質を高めるために最新技術を役立てることだ。Novartisとこの夢の実現に向かって協力できることを非常に嬉しく思う」と語った。

 Google Xでスマートレンズを立ち上げたババク・パービズ氏は14日、米Amazon.comへの移籍を発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -