ニュース
» 2014年07月22日 07時21分 UPDATE

Facebook、“あとで読む”機能「保存」をモバイルとWebで提供開始

Facebookが、「Pocket」や「Instapaper」のような“あとで読む”機能「Save」をWebアプリ、iOS/Androidアプリに追加する。オフラインでは読めないが、読みたい記事をカテゴリ別に保存でき、時々リマインダーが表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは7月21日(現地時間)、Facebook上のコンテンツを保存してあとで読むための機能「Save(日本では「保存」)」を発表した。Webアプリ、iOSおよびAndroidアプリで向こう数日中に利用できるようになる。

 保存できるのはニュースフィード上やFacebookページ上の投稿で、あとで読みたい記事や行ってみたいレストランなどを保存できる。Facebookで読み忘れた投稿を検索して見つけるのは難しいので便利だろう。ただし、InstapaperPocketのようにコンテンツを保存するのではないので、オフラインで読むことはできない(これらのツールはFacebookの投稿も保存できる)。

 保存するには、各投稿の右下に表示される[保存]ボタンをクリックするか、右上のプルダウンメニューで「保存」を選ぶ。

 save 1 投稿の右下に[保存]ボタンがつく

 保存したものを読むには、Webアプリでは画面左カラムの「保存済み」アイコンを、iOSおよびAndroidアプリでは[三]アイコン→「保存済み」を開く。投稿やスポット(場所)などのカテゴリ別になっている。保存してあったものは[シェア]もできる。

 save 2 [保存済み]アイコン

 保存したものがあると、ニュースフィード上にFacebookからのリマインダーが時々表示される。リマインダーは「あなたが保存したリンク」として(モバイルの場合)左右スワイプで閲覧できる。

 save 3 左から、保存済み、保存済みアイテムの共有、リマインダー(iOSアプリの場合)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -