ニュース
» 2014年07月22日 10時50分 UPDATE

Androidスマートウォッチ「GALAXY Gear」のTizen OSへのアップデート、米国でスタート

Samsungが、Android搭載の「GALAXY Gear」のTizen OSへのアップデートを開始した。2代目に当たる「Gear 2」と同様にTizen向けアプリやヘルスケアツールが利用できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは7月21日(現地時間)、Android搭載スマートウォッチ「GALAXY Gear」の米国ユーザー向けにTizen OSへのアップデートを開始したと発表した。専用ページからダウンロードしたファイルでアップデートできる。

 tizen

 GALAXY Gearは、Samsungが昨年10月に発売したGALAXY端末と連係する腕時計型ウェアラブル端末。日本ではNTTドコモとauが販売している。

 tizen 2 Gear 2

 同社は今年の2月、GALAXY Gearの後継モデルに当たる「Gear 2」を発表したが、こちらのOSはAndroidではなくTizenだった。

 SamsungはGALAXY GearをTizenにアップデートすることでGear 2と同様に約140本の専用アプリやウォーキングなどのフィットネスツールが利用できるようになるとしている。また、GALAXY Gearに音楽を保存できるようになるので、GALAXYスマートフォンを持ち歩かなくても音楽が聴けるという。

 Samsungは、米Googleが3月に発表したウェアラブル向けAndroidプロジェクト「Android Wear」に参加しており、Android搭載スマートウォッチ「Samsung Gear Live」も販売している。

 tizen 3 Gear Live

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -