ニュース
» 2014年07月24日 09時43分 UPDATE

Google、アプリ開発者向け断片化対策ツールのdrawElementsを買収

GoogleがAndroidアプリのフラグメンテーション問題改善の一環として、フィンランドの画像技術企業drawElementsを買収。同社の技術をAndroidアプリ開発者向け互換性テストスイートに統合する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは、モバイルアプリ開発者向け画像最適化ツールを手掛けるフィンランドの新興企業、drawElementsを買収した。drawElementsが自社サイトで発表した。買収総額などの詳細は不明だが、フィンランドのメディアArcticStartupによると、1000万ドルという。

 drawelements Googleによる買収を発表するdrawElementsのトップページ

 drawElementsは画像処理技術の専門家らが2008年に創業したヘルシンキに拠点を置く非公開企業。AndroidやiPhoneの3Dグラフィックス用API「Open GL ES」を採用するモバイルアプリのフラグメンテーション問題を解決するための分析ツールやコンパイラーを提供している。

 drawElementsは「向こう数カ月中に、Androidチームと協力してわれわれの技術をAndroidの互換性テストスイートに統合する」とトップページで説明している。

 Android端末については、市場に複数のバージョンのOSを搭載した多様なディスプレイサイズのハードウェアが併存するいわゆるフラグメンテーション(断片化)問題があり、Googleもこれを認識している。同社は1月の業績発表の電話会見でも、この問題を解決していくと約束していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -