ニュース
» 2014年07月29日 19時37分 UPDATE

MacBook Pro Retina、価格据え置きで少し高速化

AppleがMacBook Pro Retinaの全モデルのプロセッサにIntelのHaswell Refreshを採用した。15インチのハイエンドは3000円値下げし、他は価格据え置きだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは7月29日(現地時間)、MacBook Pro Retinaディスプレイの全モデルをリフレッシュした。プロセッサを米Intelの「Haswell Refresh」と呼ばれる新型CPUにし、ローエンドのメモリを増量。価格は15インチのハイエンド(旧「15インチ:2.3GHz Retinaディスプレイ)のみ3000円安くなっているが、他のモデルは価格は据え置きになっている。

 retina 1 13インチモデル
 retina 2 15インチモデル

 13インチモデルのローエンド(メモリが4Gバイト、SSDが128Gバイト)のメモリが8Gバイトになり、15インチモデルのローエンド(メモリが8Gバイト、SSDが256Gバイト)のメモリが16Gバイトになった。

 旧ラインアップとの違いを赤字で表示してみた。

 retina 3 13インチモデルの変更部分(赤字)
 retina 4 15インチモデルの変更部分(赤字)

 Appleは4月にMacBook Airを高速化している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -