ニュース
» 2014年08月01日 09時44分 UPDATE

ソフトバンクが買収交渉中のT-Mobileに仏キャリアIliadが買収提案

ソフトバンクによる買収で大筋合意したと報じられているT-Mobile USに対し、仏通信キャリアのIliadが買収を提案した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 仏通信キャリアのIliadは7月31日(現地時間)、米通信キャリア4位のT-Mobile USに買収を提案したと発表した。T-Mobileの株式の56.6%を1株当たり33ドル、総額150億ドルで買収するというもの。

 Iliadは低価格のサービスで急成長中の仏通信キャリア。2014年4月末段階の加入者数は1430万人(T-Mobileの加入者数は5000万人)。

 同社は発表文で、Iliadは米国外の企業であることから、この買収が独禁法に触れる懸念はないとしている。

 T-Mobileをめぐっては、ソフトバンク傘下の米SprintがT-Mobileの親会社である独Deutsche Telekomと買収を交渉しており、両社は6月の段階で総額300億ドル超での買収で大筋合意に達したと報じられている。現在米国3位のSprintが4位のT-Mobileを買収すれば、VerizonとAT&Tの寡占状態に対抗し得るシェアを持つことになる。

 T-MobileはIliadから買収提案を受けたことは認めたが、それ以上のコメントは拒否した。

 T-Mobileのジョン・レジャーCEOは31日の業績発表後の会見で、なぜSprintとの合弁を検討しているのかという質問に対し、ワイヤレス事業は長期的には規模のゲームであると答え、Sprint以外にも複数の可能性があると語った。

 iliad

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -