ニュース
» 2014年08月08日 06時21分 UPDATE

Google、フィットネスウェアラブル「Google Fit」のプレビューSDK公開

Googleが、Appleの「HealthKit」に対抗するフィットネスプラットフォーム「Google Fit」の開発者プレビューSDKを公開した。今秋には対応アプリやウェアラブル端末が登場する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月7日(現地時間)、6月のGoogle I/Oで発表したヘルスケアプラットフォーム「Google Fit」の開発者プレビュー版SDKをリリースしたと発表した。

 fit 1

 Google Fitは、フィットネスアプリやウェアラブル端末を開発するためのオープンプラットフォーム。開発者はGoogle Fit SDKの各種APIを使うことで、「Android Wear」をはじめとするウェアラブル端末のセンサーの情報や他のフィットネスアプリが収集する心拍数などの生体データ、ランニングルートの位置情報データなどを利用するアプリや端末を開発できる。

 fit 2

 プレビュー版に含まれるAPIはGoogle Fit APIs for Androidのみだが、公式版にはさらにREST APIとAndroid Wear APIも追加になる見込み。

 SDKを利用するには、Google Fitに対応するAndroid Lのプレビュー版をインストールしたNexus 5あるいはNexus 7(2013)が必要。

 SDKの公式版は今秋に、端末、Android Wear、Web向け「Google Play開発者サービス」の一部として提供される見込みだ。Android Lのリリースも今秋とみられている。

 現在Google Fitのパートナーとして、Adidus、Nike、Intelなど、以下の14社が名を連ねている。

 fit 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -