ニュース
» 2014年08月25日 17時58分 UPDATE

タニタ、iPhoneとBluetooth通信する活動量計 消費カロリーや歩数を計測 体組成計のデータ利用も

タニタがiPhoneやテレビとBluetoothで通信する活動量計「AM-160」を9月1日に発売する。

[ITmedia]

 タニタは、Bluetoothで通信し、iPhoneやテレビで日々の行動データを記録・管理できる活動量計「AM-160」を9月1日に発売する。実売予想価格は8000円程度。

photo

 胸ポケットに入れたりネックストラップやスライドグリップで体に取り付けて、通勤中や運動中の行動データを取得する。従来品に比べ処理性能が2倍になり、6秒ごとに現在の行動を判別するようになった。大きさは14(縦)×75(横)×35(高さ)ミリで、重さは約26グラム。

 本体で表示できるのは「歩数」「総消費エネルギー量」「活動エネルギー量」の3項目。iPhoneアプリや、10月発売の三菱レーザー液晶テレビ「REAL」シリーズのテレビと連動することで「脂肪燃焼量」「活動時間」などより詳細な計測結果を確認できる。

 iPhoneアプリは測定データのグラフ化などを行う「タニタヘルスプラネット」のほか、トレーニングの成果によってキャラが変化する「イケメン育成ダイエット ふとしの部屋」「ねんしょう!2+」などのゲームアプリとも連動する。

 Bluetooth 4.0対応の体組成計「RD-900」「RD-901」と同時に利用することも可能。行動記録と体の変化を同じグラフ内で閲覧できるほか、最新の体組成データを活動量計に反映し、計測の精度を高められる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -