ニュース
» 2014年08月28日 09時51分 UPDATE

「Dropbox Pro」が1Tバイトに増量 新機能も追加

値下げせずに機能強化で勝負するとしていたDropboxだが、個人向け有料サービス「Dropboxプロ」を価格据え置きで容量を100Gバイトから1Tバイトに拡大し、共有機能や遠隔削除機能を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは8月27日(現地時間)、月額9.99ドル(日本では1200円)の個人向け有料プラン「Dropboxプロ」のストレージ容量を従来の100Gバイトから1T(1000G)バイトに増量し、新機能を追加すると発表した。向こう数日中に現行ユーザーの容量が増加される見込み。新規ユーザーは申し込み段階から1Tバイト利用できる。

 dropbox 1

 追加された機能は、これまでビジネス向けDropbox(1ユーザー当たり月額1500円)でのみ提供されていた共有機能と遠隔削除機能。共有ファイルのパスワードをかけたり、共有期間を設定したり、共有ファイルを「読み取り専用」にすることができる。

 dropbox 2 ファイルのパスワード設定

 遠隔削除機能は、Dropboxフォルダがある端末を紛失した場合、端末がオンラインになったらフォルダが自動削除されるように設定できる。

 価格据え置きでの容量増量・新機能追加は値下げに相当する。Dropboxのドリュー・ヒューストンCEOは5月にすぐに値下げするつもりはないと語ったが、競合のGoogleAmazon.comBoxなどの攻勢を見過ごせなくなったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -