ニュース
» 2014年08月28日 11時14分 UPDATE

Intel、1円玉サイズのIoT向け3Gモデム「XMM 6255」を発売

Intelが、ウェアラブル端末やIoT向けに300平方ミリのHSPAモデムを発売した。地下室などでも通信可能としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 intel 1 XMM 6255(比較対象は直径が約18ミリの1セント貨幣。ちなみに1円玉は直径20ミリ=314平方ミリ)

 米Intelは8月26日(現地時間)、300平方ミリの3G(HSPA)モデム「XMM 6255」を発売したと発表した。ネットワークセンサーやウェアラブル端末などのIoT(モノのインターネット)に適した世界最小の3Gモデムと謳っている。

 地下室などの信号の弱い場所でも通信可能という。また、電力増幅チップとトランシーバーチップが搭載されているため、端末開発者は設計の手間とコストを省けるとしている。

 intel 2

 XMM 6255は現在、オンラインショップu-bloxでSARA-U2モジュールとして購入できる。向こう数カ月中に販売先を拡大する計画。

 SamsungやLGなど、大手メーカーが販売する現行のスマートウォッチの通信機能はWi-FiとBluetoothのみだが、小型モデムが搭載されるようになれば、スマートフォンなしでスタンドアロンで利用できるようになるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -