ニュース
» 2014年09月01日 12時28分 UPDATE

“イオンのスマホ”第3弾はLTE対応で月2980円、端末代込み 若年層向けに

「イオンスマホLTE」が登場。LTE通信を月間2Gバイトまで利用でき、基本料金と端末代合わせて月額2980円に抑えた。

[ITmedia]

 イオンは、LTE通信に対応した格安スマートフォン「イオンスマホLTE」の予約受け付けを9月2日にスタートする。LTE通信を月間2Gバイトまで利用でき、基本料金と端末代合わせて月額2980円(税別)に抑えた。全国の総合スーパー「イオン」などで5日に発売する。限定3万台。

画像

 イオンは今年4月に格安スマホ第1弾、7月に第2弾を発売。第1弾・第2弾はシニア層や主婦を主なターゲットとし、端末はLTEに対応していなかったが、新製品はLTEに対応させ、高速通信ニーズの高い20〜30代の若い世代をターゲットにしている。

 端末はAndroid4.3と5インチHDディスプレイを搭載した「ALCATEL ONETOUCH」(TCT Mobile製)で、3万1920円(24回の分割払いで月額1330円)に抑えた。「イオンの調達力をいかして本体価格を大幅にコストダウンした」としている。

 通信は「BIGLOBE LTE・3G」の「ライトSプラン」(月額1650円)を採用。上下最大150MbpsのLTE通信を月間2Gバイトまで利用でき、使い切ると200Kbpsに制限される。

 2年以内に解約しても解約金はかからない。音声通話は別途、30秒当たり20円かかる。

 全国の総合スーパー「イオン」など392店舗と、ネットショップ「おうちでイオン イオンショップ」で販売するほか、9月5日から期間限定で、東京秋葉原の「PCNETアキバ本店」で販売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -