ニュース
» 2014年09月06日 19時10分 UPDATE

ジョナサン・アイブ氏が信頼する著名デザイナーがApple入り

Appleが9月9日の発表イベントの直前、英メディアに対し、著名インダストリアルデザイナーのマーク・ニューソン氏が入社すると発表した。同氏はAppleのデザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏の長年の友人でもある。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 日本でもリコーイメージングの「K-01」のデザインなどで知られる著名なインダストリアルデザイナー、マーク・ニューソン氏が米Appleに入社する。米Conde Nast傘下のVanity Fairが9月5日(現地時間)、Appleからの情報としてそう伝えた。

 ニューソン氏は、デザイン担当上級副社長、ジョナサン・アイブ氏のチームに参加する。オーストラリア生まれの同氏は現在英国で独立デザイナーとして活躍しているが、ロンドンに拠点を置いたまま、Appleの製品デザインに従事するという。

 ニューソン氏は昨年10月、U2のボノがエイズ対策を目的に立ち上げたプロジェクト「(RED)」のためのチャリティーオークションを、ボノ、アイブ氏と共同で開催した。このオークションのためにニューソン氏とアイブ氏は、アルミ製デスクや真っ赤なMac Proなど、幾つかの製品を共同でデザインしている。

 ive 1 2人でデザインしたLeicaのカメラ

 このオークションの際に公開された動画で、アイブ氏はニューソン氏とは長い付き合いで、デザインについてよく議論すると語り、共同でデザインした際のニューソン氏の姿勢を高く評価した。

 ive 2 ニューソン氏(左)とアイブ氏(右)((RED)オークションの際に公開された動画より)

 ニューソン氏が手掛けた作品は同氏の公式サイトで見ることができる。

 ive 3 時計のデザインも

 ニューソン氏は3月に新作のメガネを発表した際に、英デザイン系メディアDezeenのインタビューで、「ウェアラブルは確かに未来だが、メガネ型にするのが適切かどうかは疑問だ。ばかみたいに見えるリスクがある。私は死んでもGoogle Glassはかけたくないな。本当にまぬけに見えると思う」と語っている。

 Appleは9月9日に開催するイベントで次期iPhoneとiWatchと呼ばれる腕時計型ウェアラブルを発表するとみられている。スマートウォッチのデザインにニューソン氏が関わっているかどうかというVanity Fairの質問に対し、Appleはコメントを断ったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -