ニュース
» 2014年09月08日 19時47分 UPDATE

EVのTesla、日本で初納車 「日本の心が組み込まれている」

Tesla MotorsがEVを日本で初納車。心臓部となるバッテリーは日本製を採用しており、「日本の心が組み込まれている」と日本市場にアピール。

[ITmedia]

 電気自動車(EV)を開発・販売する米Tesla Motorsは9月8日、日本第1号として9台を納車した。鍵をオーナーに手渡した同社のイーロン・マスクCEOは「バッテリーは日本製。EVの重要な部分に日本の心が組み込まれている」と話し、米国、中国に次ぐ市場として日本を重視する姿勢を示した。

photo 日本で納車が始まったセダン「モデルS」

 この日納車されたのはセダンタイプの「モデルS」9台。下位の60kWhバッテリーモデル(標準価格823万円)は出力225キロワット(302馬力)のモーターを搭載し、時速100キロまで6.2秒で加速する。航続距離は390キロ。200ボルト電源の場合、充電1時間当たり85キロの航続距離を確保できるという。

 納車イベントでは、Teslaにバッテリーを供給するパナソニックの山田喜彦副社長らオーナーにイーロンCEOが鍵を手渡した。

photo パナソニックの山田副社長に鍵を手渡すマスクCEO

 Teslaは2003年に創業。マスクCEOは米PayPalの前身となる企業を創業したことで知られる起業家だ。米国では2008年にスポーツカー「Roadster」を発売し、10年にはパナソニックとEV用リチウムイオンバッテリーで、トヨタ自動車とEVの共同開発でそれぞれ提携を発表。ガソリン車への対抗として、同社が持つ特許をオープンソース化したことでも知られる。

 日本向け納車は米国市場への投入から遅れることになったが「右ハンドル化や日本語対応の完了を待った。『スーパーチャージャー』(充電スタンド)への投資も必要だった」(イーロンCEO)と説明する。スーパーチャージャーは日本各地に設置を進めており、オーナーは無料で利用できる。

photo ボンネット内部はトランクルーム
photo ダッシュボードはタッチパネルディスプレイになっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -