ニュース
» 2014年09月09日 12時29分 UPDATE

いよいよ登場するか「iPhone 6」 直前うわさまとめ

Appleが間もなく披露するとみられる「iPhone 6」とは? “予習”としてうわさをまとめてみた。

[ITmedia]

 米Appleは日本時間の9月10日午前2時からスペシャルイベントを開き、iOS搭載スマートフォンの最新モデル「iPhone 6」を発表するとみられる。これまでに浮上しているうわさをまとめた。

iPhone 6はサファイアガラス採用、NFC搭載?

photo 最近、中国のマイクロブログWeiboのユーザーが公開したiPhone 6の実機だという画像は多くのサイトが取り上げた
実機だという動画からは、カメラのレンズ部が出っ張っているのが分かる

 まずiPhone 6は画面が4.7インチのモデルに大型化(現行モデルは4インチ)され、さらに5.5インチのファブレットモデルが登場すると期待されている。ディスプレイ解像度は諸説あって確定的な情報はなく、4.7インチモデルは「960×1704ピクセル」「828×1472ピクセル」「750×1344ピクセル」などが挙がっている。

 名前は従来と同様の命名を踏襲し、4.7インチモデルは「iPhone 6」になると言われている。大型の5.5インチモデルは「iPhone Air」や「iPhone 6L」「iPhone 6 Plus」といった候補が浮上している。

 発売はこれまでと同じく金曜日となり、9月19日が有力とみられているが、一部では10月にずれ込むという見方もある。大容量モデルは後日の発売になるかもしれない。また5.5インチモデルは4.7インチモデルより発売が遅れるという見方も根強い。

 iPhone 6では非接触型通信のNFCが搭載され、モバイル支払い機能でVisaなど大手クレジットカードブランドとの提携も進んでいるという。モバイル支払いが普及している日本では、店舗などの対応が進めば大きな魅力になりそうだ。

 表面には従来のGorilla Glassから替わってサファイアガラス(人工サファイア)を採用するとみられている。サファイアガラスの強度はGorilla Glassを上回るとされ、高級腕時計の風防などに採用。iPhoneでも5シリーズのカメラ部に使われている。表面に採用されればこれまで以上に傷つきにくく割れにくくなるだろう。サファイアガラスはコストアップの要因となるが、Appleはサファイアガラスメーカーに対して大きな投資をしており、準備をしているのは間違いないとされ、iWatchへの採用も期待されている。

 本体デザインは大きく変更されそうだ。これまでに流出した写真などからは、全体的に丸みを感じさせるデザインがうかがわれる。サイドスイッチなども変更されているようだ。iPhone 5sが採用した指紋認証機能は当然継承していると思われる。

 プロセッサは最新の「A8」が採用され、OSは発表済みの「iOS 8」が採用されるだろう。iOS 8では日本語IMEが選択できるようになり、既にジャストシステムの「ATOK」などが名乗りを上げている。

 バッテリー容量も若干の向上が期待される。無線LANはIEEE 802.11acにアップグレードされそうだ。内蔵ストレージ容量は最大モデルが128Gバイトになりそうだ。背面カメラは800万画素のままになりそうだが、光学式手ブレ補正機構が搭載される可能性がある。地味だが便利な点として、付属ケーブルのUSBポートが裏表どちらでも挿せるリバーシブルタイプになるかもしれない。

iWatchも登場?

 今回のイベントでは、長らくうわさされてきたウェアラブル機器「iWatch」も同時に発表される可能性があるという。iWatchがどのような機器になるかは不明だが、米Facebookがイベントでアプリを披露するという報道もあり、SNSの通知機能などを搭載しているだろう。またiPhoneと同様、iWatchもNFCを搭載しているという報道もある。またiOS 8の新機能から、iWatchには何らかの健康管理機能が搭載されていると考えられる。

 イベントで発表はされるものの、発売は来年にずれ込むとの予想もある。Apple Storeでは事前予約の受付にとどまるといううわさもある。

 iWatchの披露に向け、Appleはイベントにファッション関連のリポーターを招待しているともいわれる。腕時計はジュエリーやファッションとしての側面が強く、機能的に優れていても魅力がなければ着けてはもらえない。AppleはYves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)の前CEO、ポール・ドヌーブ氏を特別プロジェクトのために採用し、英Burberryや米Nikeでソーシャルメディアを駆使したキャンペーンを手掛けたムーサ・タリク氏をデジタルマーケティングディレクターに迎え、TAG Heuer幹部を引き抜くなど、ブランド構築も念入りに考慮している可能性がある。いまいち普及が進まないウェアラブル機器だが、iWatchが登場すれば潮目が変わると考える人は多く、業界の期待も集まる。

Appleが公式ライブ配信

photo ライブ配信を予告する公式サイト

 イベントはAppleが公式サイトでライブ配信する。ライブを見るにはMac/iOSのSafariかApple TVが必要(Windowsはだめということ)。そのほかライブをテキスト中継するサイトなどもある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -