ニュース
» 2014年09月22日 19時03分 UPDATE

イラストから服が作れる「STARted」公開 安野モヨコや水森亜土とコラボ

イラストから服が作れる個人ファッションブランド立ち上げサービス「STARted」が公開された。安野モヨコさんや水森亜土さんの世界観を再現したアイテムを販売をスタート。今後一般ユーザーによるブランドが続々登場する。

[山崎春奈,ITmedia]

 バンダースナッチは9月22日、イラストから服が作れるサービス「STARted」を公開した。個人のクリエイターがブランドを立ち上げ、自由にファッションアイテムを制作・販売できる。

photo 安野モヨコさんの世界観をイメージしたブランド「オチビサンの洋服」

 通常数百万円単位で資金が必要なファッションブランドを個人で立ち上げられ、自分で服を作れなくても、デザイン画をアップロードするだけで理想の服を制作・販売できる。リスクコントロールのため、販売数や値段はサービス側で決定され、完売時はクリエイター側に2〜3割の黒字となるという。

 安野モヨコさん、水森亜土さんの漫画の世界観を表現したブランド、日本サウナ・スパ協会認定のサウナ大使を務める漫画家のタナカカツキさんによる「サウナトランス」を表現したブランド、愛犬家に向けたファッショナブルで丈夫なアイテムをコンセプトとしたブランド──の4ブランドがすでに商品を販売中だ。

photo 「スウェットのよろい」は販売準備中

 今後一般ユーザーのブランドも続々登場予定。「販売準備中」の各ブランドページでは、オーナーのプロフィールやブランドコンセプト、デザイン画などを公開しており、コメントや応援のメッセージを送ることもできる。ゲーム内のファッションをモチーフとした「スウェットのよろい」、木苺を意識した赤いワンピースなど、テイストやコンセプトはさまざまだ。

 公式ブログでは「バンドをやっている人がプロでなくてもライブをやるように、マンガを描いている人が同人誌を作るように、『売れるかどうか』ではなく『作りたいものを作りたい』という個人の衝動的な表現欲求を叩きつけていただく新しいファッションを生み出すプラットフォームサービス」と狙いを説明。費用を抑えたエコノミープランや、自分で着るための服を作るパーソナルプランなども今後開発していく予定だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -