ニュース
» 2014年10月01日 09時16分 UPDATE

Google、教育機関向けGoogle Appsのストレージを容量無制限に

Googleが教育機関向けに無料で提供するGoogle Appsで使えるクラウドストレージの容量が、従来の30Gバイトから無制限に拡張される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月30日(現地時間)、教育機関向けの無料オフィススイート「Google Apps for Education」のユーザーが利用できるGoogle Driveの容量を、従来の30Gバイトから無制限に変更すると発表した。向こう数週間中に全ユーザーに段階的に適用する。

 apps

 同社は6月から、ビジネス向けの「Google Apps for Works」(1ユーザー当たり月額500円)のプレミア版として、保存容量無制限で、IT資産管理ツール「Vault」が付属するエディションを1ユーザー当たり月額1200円で提供している。教育機関向けは無料のまま、保存容量が無制限になる。

 「Drive for Education」では、サイズが5Tバイトまでのファイルを扱える。保存するファイルだけでなく、アップロードやサーバ間の移動でも暗号化され、セキュリティのレベルはワールドクラス、としている。

 公式ブログによると、現在のGoogle Driveの利用者数は1億9000万人。Google Apps for Educationの利用者数は3000万人という。

変更履歴:当初、Google Apps for Worksの価格が「年額」になっておりました。お詫びして訂正いたします。[2014/10/02 7:00]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -