ニュース
» 2014年10月03日 08時47分 UPDATE

JPMorganへのサイバー攻撃、7600万世帯と700万社の情報が流出

米金融大手のJPMorgan Chaseが今夏受けたサイバー攻撃で、約7600万世帯と約700万社の顧客情報が流出したことを明らかにした。

[ITmedia]

 米金融大手のJPMorgan Chaseは10月2日(現地時間)、米証券取引委員会(SEC)への提出文書で、今夏受けたサイバー攻撃により、約7600万世帯と約700万社の顧客情報が流出したことを明らかにした。

 流出したのは、顧客の住所氏名、電話番号、電子メールアドレスなど。

 口座番号、パスワード、ユーザーID、生年月日、社会保障番号などが流出したことを示す証拠はないとしている。

 このサイバー攻撃では、同行以外にも仕掛けられた。New York TimesやBloombergが8月、何者かが少なくとも5行のネットワークに侵入し、預金口座の情報を含む数Gバイト分の情報を盗み出したと報じた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -