ニュース
» 2014年10月08日 13時38分 UPDATE

コンピュータ組み立てキット「Kano」、150ドルで発売

昨年秋にKickstarterで10万ドルを獲得した組み立てキットプロジェクトの製品版が149.99ドルで発売された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英Kano Computingは10月7日(現地時間)、「Raspberry Pi」ベースのPC組み立てキット「Kano」を発売した。価格は149.99ドルで、日本からも購入できる。

 kano 1
 kano 2

 同社は昨年11月、米Kickstarterでプロジェクトを立ち上げ、10万ドルの資金を獲得。製品版は今年7月の発売を目標としていた。Kanoという名前と柔道着のキャラクターは、“柔道の父”嘉納 治五郎にインスパイアされたものという。

 コアな対象ユーザーは6〜14歳だが、大人でもPCの組み立てとプログラミングの学習を楽しめるだろう。

 KanoのキットはRaspberry Piのボード、ケース、USBキーボード、スピーカー、Wi-Fiモジュール、USBケーブル、HDMIケーブルと、Linuxベースの独自OS「Kano OS」とソフトウェアを収録したSDカード、2冊のカラフルなマニュアルで構成される。別途必要なのは、HDMIポートを持つテレビあるいはディスプレイだけだ。

 kano 3

 マニュアル通りに組み立ててディスプレイを接続し、電源を入れると、「Pong」や「Minecraft」などのゲームのアレンジを通してプログラミングを学べるチュートリアルを開始できる。Pythonベースの独自言語「Kano Talk」は、レゴブロックのようにモジュールを組み合わせることでプログラムを組み立てられる。

 kano 4 Kanoのデスクトップ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -