ニュース
» 2014年10月09日 16時36分 UPDATE

Apple、世界ブランドランキングで2位のGoogleを引き離す

Interbrandの恒例の世界ブランドランキングで、Appleが3年目の首位を守った。IT企業としてはAmazonやFacebookが大きくランクアップした他、中国Huaweiが初めて94位にランクインした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英ブランドコンサルティング企業Interbrandは10月9日(現地時間)、ブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2014」を発表した。米Appleが3度目の首位を守り、2位の米Googleとの差をさらに広げた。

 brand

 6位までの順位は昨年と変わらない。昨年7位だった米McDonaldは9位にランクダウンした。IT系で大きくランクアップしたのは米Amazon.com(19位→15位)や米Facebook(52位→29位)など。

 日本企業としてのトップはトヨタで8位。ホンダ(20位)、キヤノン(37位)、ソニー(52位)、日産(56位)などがランクインしている。

 任天堂が前年から33位ランクダウンの100位になった一方、中国Huaweiが初ランクイン(94位)した。

 このランキングは、世界規模で事業を展開する企業を対象に、ブランド価値を金額に換算してランク付けするもの(100位まで公表)。財務力、ブランドが購買意思決定に与える影響力、ブランドによる将来収益の確かさ、という観点からみたブランド価値を評価した結果という。

 100位までのリストはこちらで閲覧できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -