ニュース
» 2014年10月14日 10時59分 UPDATE

Google検索のライバルはAmazon──エリック・シュミット会長

ベルリン訪問中のGoogleのエリック・シュミット会長がスピーチで、Google検索の最大のライバルはMicrosoftのBingでもYahoo.comでもなく、Amazon.comであると語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「Google検索の最大のライバルはBingでもYahoo!でもなく、Amazonだ」──。ベルリンを訪問中の米Googleのエリック・シュミット会長は10月13日(現地時間)、同地の起業家やアナリスト向けのスピーチでこう語った。

 Googleは欧州ではたびたび独禁法調査の対象になったり、「忘れられる権利」に関して厳しい裁定を下されたりしている。

 eric エリック・シュミット会長

 このスピーチでシュミット氏は主に同社の革新性や欧州への貢献について語ったが、「Forresterの調査によると、昨年何かをオンラインで購入する目的で行われた検索の3分の1はAmazonで開始されており、これはGoogleの2倍以上に当たる」と、Googleが検索を独占していないことの例として説明した。

 同氏はまた、「企業規模や過去の成功が未来を保証するとは限らない。(中略)Yahoo!、Nokia、Microsoft、BlackBerryなど、ほんの数年前は無敵に見えた企業が、Googleを含む新興のテクノロジー企業によって崩壊させられた。(中略)皆さんはGoogle、Apple、Facebook、Amazonはどんなライバルにも負けないと言うが、私はそうは確信していない」とも語った。

 さらに、上記の4社がお互いにとっての最大のライバルであり、Amazonは検索市場におけるGoogleにとっての最大のライバルだと語った。「一般にはAmazonは検索サービスと見なされていないが、人々が何かを購入する場合に最も利用するのがAmazonであり、Amazonはわれわれと同じようにユーザーの質問に答える」としている。

 「今もどこかのガレージで誰かがわれわれを狙っている。われわれも最近までガレージにいたので分かるのだ」(シュミット氏)

 同氏のスピーチ全文はこちらで読める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -