ニュース
» 2014年10月17日 09時00分 UPDATE

クリエイター女子部:接客業で得た“ユーザー視点”をWebデザインに VOYAGE GROUP・安藤直子さん

デジタルコンテンツ制作に携わる女性にフォーカスする「クリエイター女子部」。第2回は、VOYAGE GROUPでポイントサービス「ECナビ」のWebデザインを担当している安藤直子さん。

[ITmedia]
photo 安藤直子さん

――これまでの経歴と、今のお仕事内容を教えてください。

 もともと高校でデザインコースに通い、デッサンや色彩など学んでいました。それがきっかけで色彩への興味が深まり、大学在学中に色彩検定1級を取得。卒業後はレストランウェディングの仕事をしていました。この時の接客業での経験は、お客様(ユーザー)のことを思い、デザインを考える上でとても役立っています。

 その後Flashサイト制作やWebデザインを学びたくなり、26歳でデジタルハリウッドWebデザインコースに通い始めました。ここではWebデザイン全般や、ActionScript、タブレットでのデッサンなどについて学びました。

 この経験をもとに、次はWeb制作会社に入社。企業のコーポレートサイトやキャンペーンサイト、iPad向けアプリ、デジタルサイネージなどさまざまなクリエイティブ制作に携わりました。そして2013年にVOYAGE GROUPに入社し、今はECナビ事業本部のアライアンスサービスグループに所属し、多くの企業と協力しながらさまざまなコンテンツをデザインしています。

photo 安藤さんがデザインを手掛けた「ポンポンモニター」

――これまでに手掛けた代表的な制作物と、デザイン面でのこだわりを教えてください。

 ポイントサイト「ECナビ」内に新設したコンテンツ「モニターでポイントが貯まる」と、その中で展開している「ポンポンモニター」というサービスを制作しました。

 こだわったのは、第1にサービス内容が的確かつ分かりやすくユーザーに伝わるデザインにすることです。「モニター」という言葉を聞いたことはあっても、具体的に自分が何をすればいいか分からない人も多いと思います。そこで、サービスがどのような仕組み/流れになっているか、より多くのユーザーに伝わるようなデザインを目指しました。

 2つ目のこだわりは、ユーザーがサービスを利用するに当たって“行動しやすい”UI(ユーザーインタフェース)にすることです。ページを訪れたユーザーがどのように動くか、考えられるパターンを全て洗い出し、スムーズに利用してもらえるよう工夫しました。

  ある日の安藤さんのスケジュール
9:30 出社
9:35 事業開発部制作チームの朝会(スケジュール報告・調整など)
9:55 ECナビ内デザイナー朝会(リリース報告、その他情報共有など)
12:00 会社近くで他部署のデザイナーとランチ
13:00 アンケートサイト制作作業
19:30 退社

――クリエイティブな仕事の中で、心がけていることはありますか?

 ECナビは約420万人の会員に使われている日本最大級のポイントサイトです。私はWebデザインを通じ、メインユーザーである20〜60代の会員が快適かつ楽しく利用でき、「毎日来たい」と思ってもらえるサービス作りを心がけています。

――休日はどのように過ごすことが多いですか?

 キャンプに行ったりバーベキューをしたりと、屋外で活動していることが多いです。このほか、アンティーク家具屋巡りをしたり、家具にペンキを塗ってカスタマイズしたり、都内近郊の植物園や植物のお店に足を運んでいます。家にさまざまな植物があるので、レイアウトを考えたりして楽しんでます。

――今後、挑戦してみたいことはありますか?

 今も他社と組んでコンテンツを作る機会は多いのですが、これからは自分たちでゼロから企画し、ユーザーが毎日来たくなるようなコンテンツを作っていきたいと思っています。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -