ニュース
» 2014年10月17日 02時08分 UPDATE

Apple、「iPad Air 2」発表 Touch ID採用、さらに薄く

Appleがタブレット端末の新モデル「iPad Air 2」を発表した。前モデルからさらに薄く軽くなっているほか、指紋認証「Touch ID」を採用している。

[ITmedia]

 米Appleは10月16日(現地時間)、タブレット端末の新モデル「iPad Air 2」を発表した。厚さ6.1ミリと、7.5ミリだった前モデルからさらに薄くなっており、タブレットとして世界最薄だとしている。オンラインストアでは10月18日から予約を受け付け、価格は5万3800円(税別)から。

 米カリフォルニア州クパチーノのApple本社で開いたスペシャルイベントで披露した。

photo
photo さらに薄く軽くなった
photo ゴールドカラーが加わった

 昨年発売したモデルの後継機種。iPhone 6と同様、指紋認証機能「Touch ID」をホームボタンに搭載している。新カラーとしてゴールドモデルを追加し、全3色になった。

 容量は16Gバイト、64Gバイト、128Gバイトの3モデル。Wi-Fiモデルは16Gバイトが5万3800円、64Gバイトが6万4800円、128Gバイトが7万5800円。Wi-Fi+Cellularモデルは16Gバイトが6万7800円、64Gバイトモデルが7万8800円、128Gバイトモデルが8万9800円。

 前モデルから薄くなった上、重さはWi-Fiモデルで437グラム/Wi-Fi+Cellularモデルで444グラムと、前モデル(469/478グラム)から軽くなっている。

 ディスプレイは前モデルと同じ、9.7インチ/2048×1536ピクセル(264ppi)のRetina ディスプレイだが、新たに反射防止コーティングが施されている。

 背面の「iSightカメラ」は前モデルの500万画素から800万画素に向上。新たに連写「バーストモード」とスローモーション撮影に対応する。

 プロセッサは「A8X」を採用、処理が40%、グラフィックスが2.5倍高速化しているという。新たにiPhone 6/6 Plusと同様、気圧計を内蔵している。

photo Touch IDを搭載

 厚さ以外のサイズは現行モデル(Wi-Fiモデル:240×169.5×7.5ミリ)と同じ。バッテリー駆動時間もWi-Fiでのネット利用で最大10時間と、前モデルと同じ。

photo iPad Air 2を披露するAppleのティム・クックCEO

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -