ニュース
» 2014年10月20日 12時09分 UPDATE

Appleのジョナサン・アイブ氏、「デザインのまねは賞賛ではなく盗みだ」

アイブ氏はインタビューの最後に聴衆から「Xiaomiが中国のAppleと呼ばれることをどう思うか、デザインのまねは賞賛だと思うか」という質問を受け、「特定の企業についてではないが、デザインのコピーは賞賛ではなく、窃盗だと思う」と答えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「特定の企業の話ではないが、デザインをまねすることは賞賛ではなく、窃盗だと感じる」──。米Appleのデザイン担当上級副社長、ジョナサン・アイブ氏は英国発の娯楽雑誌「VANITY FAIR」が10月9日(現地時間)にサンフランシスコで開催した公開インタビューでそう語った。

 同誌が16日、このインタビューの一部を公式YouTubeチャンネルで公開した。

 このインタビューは、VANITY FAIRのカンファレンスのクロージングとして行われた。インタビュアーはVANIT FAIRのグレイドン・カーター編集長。

 ive 1 ジョナサン・アイブ氏(左)とグレイドン・カーター氏(右)

 最後の質疑応答コーナーで、「中国Xiaomiが“中国のApple”と呼ばれるのは、同社の製品がAppleの製品に似ているからですが、こうした比較をどう思いますか? また、こうしたまねは偉大なデザインへの賞賛だと感じますか?」という質問があった(記事末の動画の18分40秒目当たりから)。

 これに対し、アイブ氏は苦笑いして「賞賛だとは思わない」と語った。「これは特定の会社についてではなく一般的な話だが」と前置きし、そうした行為は窃盗だし、怠慢だと考えるとも言う。「例えばスマートフォンを初めて開発するとき、7〜8年は開発に費やすが、それがすぐにコピーされてしまう。そんなとき、“これは賞賛だ”とは感じない」とアイブ氏。

 ive 2 質問に言葉を選びながら答えるアイブ氏

 インタビュー本体では、アイブ氏の日常(サンフランシスコから毎日2時間かけて車で通勤していることなど)や新iPhoneのデザイン(なぜ丸みを帯びたデザインに戻したのか)、故スティーブ・ジョブズ氏から学んだことなどについて語っている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -